霧とリボン 企画

PHPスペシャル連載記念

nichinichi × 藤野可織

《ガラスの物語》

 

[特別展示]松村シナ(写真)

[協力]PHPスペシャル

 

2018年9月2日(日)~8日(土)*9/5(水)休

13:30〜19:30 *最終日のみ〜18:00

 

「着こなしの邪魔をしない、それでいて着ける人の印象となるようなアクセサリー」が人気のnichinichi。日常の風景が静かに破綻してゆく情景を皮膚感覚で綴る芥川賞作家、藤野可織。ふたつの才能が出会う『PHPスペシャル』誌上の好評連載《ガラスの物語》——

 

連載記念となる本展では、nichinichi自らヨーロッパで買い付けたヴィンテージガラスを配したアクセサリーを中心に、藤野可織の陰翳鮮やかな連載の一節を抜粋展示。二人が綾なす美しいガラスの物語をお楽しみ下さい。また、連載写真を手がける松村シナの未発表ガラス写真も特別展示、物語に美しい奥行きを与えます。

 

会期中はnichinichiによるアクセサリー・ワークショップも開催。PHPスペシャル連載号はじめ、藤野可織サイン入り著作、PHPスペシャル編集長・丹所千佳サイン入り著作も販売致します。

 

初秋の一日、ガラスから広がる豊かな物語世界へ、ぜひお出かけ下さい。

 

 

nichinichi  アクセサリー作家 HP

2006年から京都にて活動を始める。主にヨーロッパのヴィンテージ・アンティーク素材を用いて、「着こなしの邪魔をしない、それでいて着ける人の印象となるようなアクセサリー」を制作しています。

 

藤野可織  小説家 →Twitter

2006年「いやしい鳥」で第103回文學界新人賞、2013年「爪と目」で第149回芥川龍之介賞、2014年『おはなしして子ちゃん』で第2回フラウ文芸大賞受賞。その他に、『パトロネ』『ファイナルガール』などがある。最新作は『ドレス』。

 

松村シナ  DTPデザイナー・カメラマン →HP

京都の町家長屋あじき路地で「カメラとデザインの教室torico.camera」を主宰。雑誌連載や書籍の撮影、紙のデザイン制作をしながら、この秋より短大で非常勤講師として講座を持ちます。

 

丹所千佳  編集者(『PHPスペシャル』編集長) →Twitter

1983年、京都生まれ。2014年より、月刊誌「PHPスペシャル」編集長。その他、企画・編集に「mille」、著書に『京をあつめて』(ミシマ社)がある。

 

霧とリボン企画展

《バレエ詩集vol.2〜薔薇の精》

 

純潔な夢がかすめてゆく

閉ざした瞼(まなぶた)を上げてください。

僕は薔薇の精、夕べあなたが舞踏会に

召された薔薇の精です。

 ——テオフィル・ゴーティエ「薔薇の精」(玉田優花子訳)より

 

 

昨年の「ラ・シルフィード」に続き、バレエ作品を題材にした企画展の第二弾。今回のテーマは、当時のパリを席巻したディアギレフ率いるバレエ・リュスの演目「薔薇の精」です。ゴーティエの詩から着想された一幕物の作品で、1911年の初演では、ニジンスキーが薔薇の精を踊りました。

 

絵画、版画、人形、オブジェなどが並ぶ前期美術展と、ドレス、イラスト、アクセサリー、服飾小物などが並ぶ後期モード展。17組の作家が集うふたつの会期で、バレエ・リュスの野趣と洗練にオマージュを捧げます。

 

 

★★前期・美術展★★

2018年7月15日(日)〜21日(土)*7/18(水)休

13:30〜19:30 *最終日のみ〜18:00

 

[展示作家]

網代幸介(絵画・オブジェ)

くるはらきみ(絵画)

玉田優花子(翻訳)

dubhe(アンティーク版画)

野村直子(絵画)

前田洋子(絵画)

山本じん(絵画・版画)

横井まい子(絵画)

吉村眸(人形・アクセサリー)

 

★★後期・モード展★★

2018年7月29日(日)〜8月4日(土)*8/1(水)休

13:30〜19:30 *最終日のみ〜18:00

 

[展示作家]

須川まきこ(イラスト)

ネバアランド BIRTHDAY(衣服・服飾小物)

Belle des Poupee(アクセサリー)

massaging capsule(服飾小物)

マニランタ by 透明マニラ(ワンピース)

L’euphorique(純銀製アクセサリー)

 

[レーベル“Modern Mauve Flapper”展示作家]

銀座ボーグ & 霧とリボン(帽子)

massaging capsule & 霧とリボン(服飾小物) 

 

霧とリボン企画

LIEN & mIRA. 二人展

クビクロラム ~レミーとクィンクの5つの部屋

 2018年6月24日(日)〜6月30日(土)*27日休

 

明日はどれを着よう

明日はどこへ行こう

明日はなにを作ろう

今夜はどんな夢を見るだろう

菫色の栞を手繰れば

私とレミーのお喋りがはじまる――

 

 

多様な素材で“ぬいぐるみ”の枠を越えた作品を発表するぬいぐるみ作家LIENと、卓越したセンスでノーブルな一着を生み出す服飾作家mIRA.の二人展を開催いたします。

 

“クビクロラム”とはラテン語で小部屋の意。オシャレとアートが好きな女の子レミーと幼なじみのぬいぐるみクィンクが暮らす5つの部屋の物語を、ボックスアート、ドレス、ぬいぐるみ、服飾小物で展開します。

 

レミーとクィンクの毎日が詰まったクビクロラムの扉をそっと開いてみませんか?

 

 

LIEN(布造形作家)

2003年より、アーティスト、ファッションデザイナーとして活動していたが、ファッションの枠を超え、縫いぐるみやオブジェを制作する中、2011年 ぬいぐるみ作家としての初個展「seabed tuberose」(パラボリカ・ビス)を開催。同名アートブックを出版するに至る。独自のテクニックを用いエレガンスとパンクが混在する布表現を展開。

official site

LIEN BLANC/ぬいぐるみ教室

mIRA. (服飾作家)

“FASHiON CREATiON ARTiST”をコンセプトに、ファッションで「表現する」ものを作り上げる。ミュージシャンの衣装制作、スタイリングを中心に、2016年より企画展等でリアルクローズコレクションを展開。霧とリボンでは企画展出展の他、コラボレーション・レーベル《Modern Mauve Flapper》にてコラボレーションドレスを制作。

霧とリボン企画

山口友里 個展《寓話ラプソディ》

2018年6月3日(日)〜6月9日(土)*5日休

 

幻の時、夢の記憶。

不思議オブジェや人形たちが奏でる寓話的世界——

 

 

10年以上アートワークを担当していた資生堂マジョリカマジョルカはじめ、美術デザイナー・造形作家として広く活躍する山口友里の個展を開催いたします。

スモーキーなカラーリング、オブジェや人形、アクセサリーの世界はまさに、乙女が夢見る宝石箱。甘やかで優美なファンタジーが小部屋いっぱいに広がります。

 

山口友里(美術デザイナー・造形作家)

広告、雑誌、展示などの空間デザインやスタイリングをする傍ら、球体関節人形を四谷シモン氏に師事。布花も学び、オブジェや人形、アクセサリーを制作。独特な美意識を持ち、ファンタジーな世界観を得意とする。マジョリカマジョルカ、ANNA SUI、THE ALFEEのツアーパンフレット等活動は多岐に渡る。

HP

Instagram: @yamaguchi.yuri_

霧とリボン企画

妖 個展《白と黒と菫の森》

 

2018年5月20日(日)〜26日(土)*23日休

 

迷い込んだ森の中

月明かりでみつけた菫色の部屋

部屋の窓から見えるのは

妖が描く、夢に蝕まれた少女たちの深い深い森の世界——

 

 

物語性の高い繊細な筆致で知られるイラストレーター妖の個展を開催いたします。モノクロを追求してきた妖の世界に射し込む、菫色の陰影——窓から望む少女たちの幻影は、貴方に何を語りかけてくるのでしょう?

また本展では、妖の友人でもあり、布を自由自在に操る多彩な服飾作家mIRA.とのコラボレーションも実現、特別感のあるブローチなどを展開いたします。妖が描く少女たちの森の世界と、妖とmIRA.が織りなす森の色をお楽しみ下さい。

 

妖(イラストレーター)

「心の闇を彩るモノクロ」をテーマに独自のモノクロ世界をペン画で展開。2010年よりモール・オブ・ティーヴィー出版「KERA」占い挿絵の連載を担当。KERA特別編集「Gothic&Lolita Bible」vol.51より最終号まで短編漫画を連載。その他、映画プロモーションイラスト・海外出版書籍・ファッションブランドとのコラボレーション等さまざまな方面で活動中。

Yoh's WEB SITE

Blog 

mIRA.(服飾作家)

“FASHiON CREATiON ARTiST”をコンセプトに、ファッションで「表現する」ものを作り上げる。ステージ衣装制作の他、展示テーマごとにブランドを設定したリアルクローズコレクション等を制作。

霧とリボン 直営SHOP 3周年記念企画展

《菫色の実験室vol.3〜菫色×結晶》

 

此処は、菫色の実験室。

菫色について、日夜研究しています。

プレパラートの上には、様々な結晶群。

そこに、菫色の薬液を一滴、二滴、三滴……

果たして、どんな化学反応が起きるのでしょう?

顕微鏡の先にひろがる菫色の世界に、ようこそ。

 

「菫色」という色彩、世界観を様々な角度から追求する展覧会の第三弾。「菫色×不良少年(2016年)」「菫色×調香(2017年)」に続き、今回のテーマは「結晶」です。

絵画、イラスト、オブジェ、アンティーク版画、工芸品などが並ぶ前期美術展と、アクセサリー、服飾小物、服飾作品などが並ぶ後期モード展。 多彩な結晶が陳列された、ふたつの驚異の小部屋の扉がひらきます。

 

★★前期・美術展★★

2018年4月29日(日・祝)〜5月5日(土・祝) *5/2(水)休

[営業時間] 

13:30~19:30 *最終日のみ~18:00  

 

[展示作家]

川島朗(オブジェ)

keino glass(ガラス)

小林絵美(手製本)

土居陽子(ガラスオブジェ)

dubhe(アンティーク版画)

永井健一(絵画)

鳩山郁子(イラスト)

村松桂(写真)

 

[常設展示作家]

L'euphorique(純銀製アブサン・スプーン)

 

★★後期・モード展★★

2018年5月9日(水)〜5月13日(日) *無休 

[営業時間] 

13:30~19:30 *最終日のみ~18:00  

 

[展示作家]

sleep epidemical laboratory(アクセサリー)

nichinichi(アクセサリー)

レタル(シャツ)

 

[レーベル“Modern Mauve Flapper”展示作家]

銀座ボーグ & 霧とリボン(帽子)

massaging capsule & 霧とリボン(服飾小物)

 

[常設展示作家]

 

L'euphorique(純銀製アクセサリー)

 

玉田優花子 × 霧とリボン

ヴァレンタイン共同企画展

《ミス・モーヴ、リアーヌ・ド・プージィに会いに行く》

 

★★前期・美術展★★

2018年2月11日(日)〜17日(土) *15日(木)休

[営業時間]

13:30~19:30 *最終日のみ~18:00

[展示作家]

鳥居椿(絵画)

日香里(絵画)

松下さちこ(イラスト)

メリリル(洋菓子)

山口友里(オブジェ・アクセサリー)

 

★★後期・服飾展★★

2018年2月25日(日)〜3月3日(土) *3月1日(木)休

[営業時間]

13:30~19:30 *最終日のみ~18:00

[展示作家]

Belle des Poupee(アクセサリー)

massaging capsule(服飾小物)

[コラボレーション・レーベル“Modern Mauve Flapper”展示作家]

銀座ボーグ & 霧とリボン(帽子)

mIRA. & 霧とリボン(ドレス)

 

 

菫色の小部屋に棲むミス・モーヴが、歴史や小説の中に分け入り、ひとりの特別な女性/THE WOMANに会いに行くシリーズ企画の第一弾。今回のTHE WOMANは、ベル・エポックの巴里に生き、プルースト『失われた時を求めて』のオデットのモデルにもなった世紀の美女リアーヌ・ド・プージィ。

 

19世紀フランス詩研究が専門の玉田優花子がミス・モーヴに扮し、皆様をリアーヌの世界へとご案内いたします。

ミス・モーヴのツイッター・アカウントはこちら

クルチザンヌ、大公妃、聖女として激動の生涯を送ったリアーヌの肖像を、絵画・イラスト・オブジェ・洋菓子で描く前期美術展と、帽子・ドレス・服飾小物・アクセサリーで描く後期服飾展——ふたつの会期で構成された、女性から女性へのヴァレンタイン企画展です。 

 

[常設]

古書日月堂(アンティーク版画)

 

霧とリボン

アール・デコ・シリーズ企画展 II

コラボレーション・レーベル設立記念

《Modern Mauve Flapper》

 

[会期]

2017年12月3日(日)〜12月10日(日) *7日(木)休み

[営業時間]

13:30~19:30 *最終日のみ~18:00

 

アール・デコ・ファッションをテーマにした企画展シリーズの第二弾を開催します。

コラボレーション・レーベル「モダン・モーヴ・フラッパー」設立記念展示として、

霧とリボンが敬愛するブランド・作家とのコラボレーション作品のお披露目と共に、

霧とリボン Accessory 4th Collectionを発表。

アール・デコ・ファッションが花ひらいた20年代のモードにオマージュを捧げた帽子、ワンピース、

服飾小物、アクセサリー、ファッション・プレート集が並びます。

新入荷や常設作品、クリスマスの贈り物にぴったりの作品や定番商品もお楽しみください。

 

★コラボレーション・レーベル“Modern Mauve Flapper”作品

銀座ボーグ & 霧とリボン(帽子)

玉田優花子 & 霧とリボン(ファッション・プレート集)

massaging capsule & 霧とリボン(服飾小物)

mIRA. & 霧とリボン(ワンピース)

 

★アール・デコ・シリーズ常設展示

古書日月堂(バルビエ他のアンティーク版画)

江津匡士(イラスト)

山口友里(オブジェ・アクセサリー)

 

★新入荷

R in my head(付け襟)

nichinichi(アクセサリー)

Belle des Poupee(アクセサリー)

 

 

霧とリボン アール・デコ・シリーズ企画展 I

《ROARING TWENTIES〜ファッション・プレートの女性たち


[会期]

2017年10月15日(日)〜10月22日(日) *木曜休

[営業時間]

13:30〜19:30 *最終日のみ〜18:00まで

 

狂騒の20年代に花ひらいたアール・デコ・ファッションをテーマにした美術展を開催します。

本展示では、20年代当時の優美なアンティーク版画と現代作家・ブランドによる多彩な作品をお届けします。

ジョルジュ・バルビエ他によるファッション・プレートと、イラスト・オブジェ・服飾小物・アクセサリーなど、現代の作家によって再解釈されたファッション・プレート的世界の競演をお楽しみ下さい。

秋深まる頃、モードとエレガンスに満ちた小部屋にお出かけ下さいませ。

 

[参加作家]

銀座ボーグ(帽子)

古書日月堂(アンティーク版画)

江津匡士(イラスト)

須川まきこ(イラスト)

nichinichi(アクセサリー)

massaging capsule(服飾小物)

山口友里(オブジェ・アクセサリー)

霧とリボン(イラスト・アクセサリー)

 

アンティーク版画出品内容 

・ジョルジュ・バルビエ『ボヌール・デュ・ジュール(現代の幸福あるいは流行のエレガンス)』より大判カラー銅版手彩色作品3点

・ジョルジュ・バルビエ『艶なる宴(ポール・ヴェルレーヌ著)』よりポショワール作品3点

・オラース・ヴェルネのファッション・プレート(銅版画)7点

・19世紀末~20世紀初頭のファッション・プレート(銅版画・手彩色)30点

 

以上を展示販売します

 

★銀座ボーグ×霧とリボン

“Modern Mauve Flapper

80年以上の歴史を誇る老舗帽子専門店「銀座ボーグ」と、長きに渡り銀座ボーグの帽子を愛してきた霧とリボンのコラボレーションが実現、20年代のイラストを元にデザインした帽子のミニ・コレクション“モダン・モーヴ・フラッパー”を発表します。

当時の個性的なアール・デコのラインを忠実に写したデザインでありながら、現代の街並にも美しく調和するようディテールを工夫しています。老舗帽子店の卓越したセンスと技術によるノーブルな風合いをぜひお試しにいらして下さいませ。

“モダン・モーヴ・フラッパー”シリーズの帽子(クロッシェ)3点、15年以上前に銀座ボーグで発表された霧とリボン所蔵の帽子(ボンネ)の復刻1点、銀座ボーグ・オリジナル帽子(ターバン)1点の出品となります。

 

霧とリボン 企画展

《バレエ詩集 vol.1〜ラ・シルフィード


[会期]

2017年9月17日(日)〜9月23日(土)

[営業時間]

13:30〜19:30 *最終日のみ〜18:00まで

 

バレエの演目を題材に毎年開催する企画展シリーズの第一弾。

今回は、ロマンティック・バレエの傑作「ラ・シルフィード」を取り上げます。

第一幕、舞台はスコットランド、タータンチェックの野趣あふれる場面。

第二幕、舞台は深い森の中、空気の精たちが舞う美しいバレエ・ブラン(白のバレエ)。

 

現実と幻想、ふたつの世界を行き来する小暗くも清冽な物語を、

絵画、写真、版画、オブジェ、服飾、服飾小物、アクセサリーなど様々な手法で描き出す美術展です。

 

[参加作家]

R in my head(服飾小物)

小林絵美(オブジェ・版画)

野村直子(絵画)

日香里(絵画)

Belle des Poupee(アクセサリー)

massaging capsule(服飾小物)

mIRA.(服飾)

村松桂(写真)

霧とリボン(アクセサリー)

 

★Mistreee Noohl Mourning Objet Collection

霧とリボン主宰、服飾オブジェ作家ミストレス・ノールによる、

バレエへの夢想を封印したオブジェ作品の旧作小展示もあわせて行ないます。

ローデンバック『死都ブリュージュ』をバレエに翻案した作品シリーズ「半喪のバ・ド・ドゥ(2012年)」はじめ、

バランシン「ジュエルズ(2011年)」やアシュトン「田園の出来事(2011年)」など、バレエへのオマージュ作品が並びます。

 

 

霧とリボン企画展

《菫色の音楽集vol.1~エリック・サティ「スポーツと気晴らし」》

 

[会期]2017年8月13日(日)~19日(土)

[営業時間]13:30~19:30 *最終日のみ~18:00

 

「スポーツと気晴らし」は、シャルル・マルタンの瀟洒な20枚の水彩画にサティが曲をつける趣向で1914年に完成、1923年には手書き楽譜と共に出版もされたピアノ曲集です。

「ヨット遊び」「海水浴」「ピクニック」「花火」など夏らしいタイトルが並ぶ一曲一曲を、各作家がそれぞれの手法で作品化、全員で曲集を完成させる企画展です。

絵画、イラスト、版画、洋菓子、服飾小物、アクセサリーなどで表現されたピアノ曲をお楽しみ下さい。

 

★参加作家

R in my head(服飾小物)

江津匡士(絵画)

スガミカ(イラスト)

nichinichi(アクセサリー)

フランスガム(イラスト)

massaging capsule(服飾小物)

メリリル(洋菓子)

HOLON(ゴム版画)

霧とリボン(アクセサリー)

 

★スポーツと気晴らし・曲目一覧( )内は担当作家

[序曲]食欲をそそらないコラール(霧とリボン)

[1]ブランコ(スガミカ)

[2]狩(スガミカ)

[3]イタリア喜劇(massaging capsule)

[4]花嫁の目覚め(メリリル)

[5]目かくし鬼(R in my head)

[6]魚釣り(江津匡士)

[7]ヨット遊び(江津匡士)

[8]海水浴(フランスガム)

[9]カーニバル(スガミカ)

[10]ゴルフ(江津匡士)

[11]蛸(フランスガム)

[12]競馬(フランスガム)

[13]陣とり遊び(スガミカ)

[14]ピクニック(nichinichi)

[15]ウォーター・シュート(R in my head)

[16]タンゴ(フランスガム)

[17]そり(HOLON) 

[18]いちゃつき(霧とリボン)

[19]花火(nichinichi)

[20]テニス(江津匡士)

 

高野麻衣 × 霧とリボン

ホームズ・オマージュ共同企画展

《The Mauve-Headed League~菫色連盟》

 

[会期]2017年7月16日(日)~22日(土)

[営業時間]13:30~19:30 *最終日のみ~18:00

[トークイベント]2017年7月30日(日)

 

コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ」の展覧会を開催します。

初登場から130年、映画やドラマ、小説など様々に再解釈されてきたホームズの魅惑的な世界。

本企画展では、イラスト、オブジェ、カリグラフィ、洋菓子、アクセサリー、服飾小物など

多彩な技法で名シリーズにオマージュを捧げます。

また、ホームズ・パスティーシュの世界に造詣の深い

作家・ホームズ研究家の北原尚彦先生にご著作を特別出品頂くほか、

先生と文筆家・高野麻衣によるトークイベント「ミスター・キタハラ、菫色連盟へ行く」も開催。

夏の一日、菫色に染まるホームズの世界をぜひご堪能下さい。

菫色の何かを身につけてご来場下さった皆様には「菫色連盟潜入証明書」を進呈致します。

 

[特別出品]

北原尚彦

 

[展示作家]

R in my head(服飾小物)

菊地拓史(オブジェ)

QUESTION No.6(イラスト)

佐分利史子(カリグラフィ)

須川まきこ(イラスト)

Belle des Poupee(アクセサリー)

massaging capsule(服飾小物)

メリリル(洋菓子)

HOLON(ゴム版画)

霧とリボン(服飾)

 

[トークイベント]

北原尚彦

高野麻衣

 

 

北原尚彦×高野麻衣

トークイベント「ミスター・キタハラ、菫色連盟へ行く」

 

ホームズ研究家として知られる作家キタハラは、今日も東京の古書街で「北原案件*」に目を光らせていた。そこへ、なじみの巨大書店から、「菫色装丁事件」の黒幕とされる秘密クラブ「菫色連盟」の謎を解き明かしてほしいという依頼が舞い込む。興味をもったキタハラは、アイリーン・アドラーの目撃談が頻発する、閑静な住宅街へと向かった――。

 

「ミスター・キタハラ、菫色連盟へ行く」は、そんなミステリー仕立てのトークイベント。

シャーロキアンの星・北原尚彦先生とアイリーンに扮した高野麻衣が、さまざまなエピソードや音楽を題材に、ホームズ愛に満ちたトークを繰り広げます。

高野が北原先生の著書『ジョン、全裸連盟へ行く』の朗読を披露するほか、メリリル様によるお菓子や、アヘン代わり(?)のアブサン・ファウンテンも登場予定。

愛いっぱいでちょっぴりアブない「菫色連盟」のサロンへ、ぜひお出ましください。

 

菫色の何かを身につけてご来場下さった皆様には「菫色連盟潜入証明書」を進呈致します。

 

*北原案件:シャーロック・ホームズおよびそのモチーフを用いた事象を幅広く調査する北原先生のため、おもにTwitter上で暗躍するシャーロキアンたちのネットワークによる符号。#北原さん案件、最近では #案件 だけで利用されることも。

 

[日時]2017年7月30日(日)

[昼の部]12:30〜(開場12:00)★満席★

[夜の部]17:00〜(開場16:30)★満席

[出演]北原尚彦(お話)/高野麻衣(朗読とお話)

[会場]霧とリボン 直営SHOP 2F

[定員]各回女性限定6名・先着予約制

[料金]3,200円(ハーブコーディアル・紅茶・アブサンファウンテン・洋菓子)

[製菓]メリリル

 

《菫色の小部屋コレクション〜Mrs Dalloway’s Dressing Table》

 

 

「ミセス・ダロウェイはお花はわたしが買ってくるわ、と言った。*1」

「手袋を買ってくるわ、とダロウェイ夫人は言った。*2」

 

六月の《菫色の小部屋コレクション》は、六月のロンドンを舞台にしたヴァージニア・ウルフのふたつの小説の主人公“ダロウェイ夫人”がテーマ。

「誇らかに背筋をピンと伸ばして」ロンドンの街を歩くダロウェイ夫人が身につけていそうな、または彼女のお部屋にありそうな装身具や小物。

それらをイメージしたイラスト作品やアクセサリーなどの展示会です。

さわやかなカラーパレットの作品が並びます。

夏の装いの準備に、ぜひダロウェイ夫人の一作を。

 

*1『ダロウェイ夫人』(丹治愛訳・集英社より)

*2「ボンド街のダロウェイ夫人」(『壁のしみ 短編集』収録  川本静子訳・みすず書房より)

 

★new arrivals★

nichinichi

花モト・トモコ

Belle des Poupee

massaging capsule

山口友里

霧とリボン

 

★常設作家・新入荷★

村松桂・最新刊写真集

 

★常設展示〜菫色の残り香★

5月企画展出品作の一部を引き続き、常設展示いたします

金田アツ子

川島朗

CANDLE STUDIO MAGIERA

佐分利史子

mIRA.

霧とリボン 直営SHOP“Private Cabinet” 2周年記念企画展

《菫色の実験室 vol.2〜菫色×調香》

2017.5.5〜5.14 *5.11(木)休

13:30〜19:30 *最終日のみ〜18:00

  

「菫色」という色彩、世界観を様々な角度から追求する展覧会の第二弾。

昨年開催した「菫色×不良少年」に続き、今回のテーマは「菫色×調香」です。

絵画、イラスト、オブジェ、カリグラフィ、キャンドル、服飾、アクセサリーなど、

各研究員がそれぞれの手法で架空の香水を制作発表する美術展。

かぐわしい菫色が陳列された実験室にぜひお出かけ下さい。

 

*本展示のご案内はWeb DMのみとなります

 

[展示作家]

金田アツ子(絵画)

川島朗(オブジェ)

CANDLE STUDIO MAGIERA(キャンドル)

佐分利史子(カリグラフィ)

鳩山郁子(イラスト)

花モト・トモコ(イラスト)

Belle des Poupee(アクセサリー)

massaging capsule(服飾小物)

mIRA.(服飾)

霧とリボン(アクセサリー)

 

霧とリボン 企画展《菫色の実験室 vol.2〜菫色×調香》関連イベント

 ★サロンコンサート「音と香りの実験室」

7つの「音」と「香り」にまつわる、優雅な実験。

チェロ独奏と朗読で、音楽と調香の不思議な秘密に迫ります。

→内容の詳細はこちらをご覧下さい

 

[日時]2017年5月21日(日)

 

[出演]小林奈那子(チェロ演奏とお話)高野麻衣(朗読とお話)

[定員]各回女性限定6名・先着予約制

[会場]霧とリボン 直営SHOP 2F

期間限定・通常営業《菫色の小部屋コレクション》

 

 

 絵画、オブジェ、キャンドル、アクセサリー、服飾小物、書籍など、

常設作家さまと霧とリボンの定番商品をご紹介する、週末のみオープンするコレクション展です。

春らしい新作も入荷します。

英国20年代製の蓄音機も常設、古き良き時代の音色に耳を寄せながら、

ゆっくりと、小部屋でのひとときをお過ごしください。

菫色のレント(大斎節)からイースターへ。

清々しく季節が巡る春の一日、どうぞお出かけくださいませ。

皆様のご来店をお待ちしております。

通販も対応しますので、CONTACTよりお気軽にお問い合わせください。

最新情報はツイッターをご覧くださいませ。

[常設作家]

アネモネ(CD)

アプレゲール(ZINE)

A.Y.A(CD)

大串祥子(写真集)

奥絢子(磁器)

川島朗(オブジェ・アクセサリー)

キャンドル・ストゥーディオ・マギエラ(キャンドル)

久保田恵子(CD)

黒色すみれ(CD)

Sachi(CD)

佐分利史子(カリグラフィ)

高野麻衣(書籍・CD)

Trooms(革小物)

鳥居椿(絵画・ステーショナリー)

中村菜都子(版画・アクセサリー)

永井健一(詩画集・ポストカード)

鳩山郁子(書籍)

花園magazineZINE

花モト・トモコ(アクセサリー)

HOLON(タイポグラフィ作品)

日香里(絵画・アクセサリー・ステーショナリー)

Belle des Poupee(アクセサリー)

massaging capsule(アームコルセット)

mIRA.(服飾小物)

村松桂(写真集)

山本裕子(作品集・カードセット)

霧とリボン(アクセサリー・ステーショナリー・オーガニック紅茶)

高野麻衣 × 霧とリボン

ヴァレンタイン共同企画展

《チョコレート探偵事務所~マリー・アントワネットの宝石箱事件

2017.2.12〜2.19

13:3019:30 最終日のみ~18:00まで

 

わたしはマドモアゼル・フォンダン。

猫のボンボンと「チョコレート探偵事務所」を営む17歳。

チョコレートにまつわる事件を捜査するのが仕事よ。

今度の依頼人は、近所の城で暮らす令嬢マリー。

見目麗く、とろけるほどにおいしいチョコレートがつまった彼女の宝石箱が、

ある晩突如行方不明になってしまったの。

マリーのブドゥワールに残された犯人の手がかりを調べ上げ、宝石箱を探し出したわたしたち。

そこに現れたのはマダムО(オー)率いる国際犯罪組織の影だった!

さあ、謎解きをはじめるわ。

チョコレート探偵事務所へようこそ!

 

イラスト、ワンピース、服飾小物、アクセサリーなどが勢ぞろいする展覧会とマリーの音楽会で、

甘やかな真実を見届けて!

  

[参加作家]

小林奈那子(チェロ演奏)

Sacherie(帽子)

Trooms(革小物)

透明マニラ(ワンピース)

Belle des Poupee(アクセサリー)

massaging capsule(服飾小物)

山口友里(アクセサリー・小物)

ヨネヤマヤヤコ(イラスト)

高野麻衣(朗読・CD

霧とリボン(アクセサリー)

 

[サロン・コンサート]

CD『マリー・アントワネットの音楽会』発売記念

小さな朗読劇《マリー・アントワネットの音楽会》

マリーゆかりのフランス王妃の生涯を、朗読劇とチェロの音色で。

革命前夜、プチ・トリアノンの密やかな音楽会を再現します。

[日時]2017226日(日)

 

[出演]高野麻衣(朗読とお話)/小林奈那子(チェロ)

[会場]霧とリボン 直営SHOP 2F

  

★高野麻衣選曲・執筆、HOLON(霧とリボン運営事務所)デザインのCD『マリー・アントワネットの音楽会』(ワーナーミュージック・ジャパン)は霧とリボンにて展示販売中です。

 

霧とリボン 企画展

THE FANS RIDE THE BALCONY

Catfish and the Bottlemen 来日記念ファン・アート展

2017.1.151.2113:3019:30

 

To mark Catfish and the Bottlemen’s visit to Japan

for the first time in two years,

we will hold an art exhibition displaying fans work.

 

霧とリボン主宰ミストレス・ノールが愛する英国北ウェールズ出身のロックバンドCatfish and the Bottlemen

彼らの2年ぶりの来日を記念したファンによるアート展を開催します。

イラストを中心にコラージュ作品やグラフィックアート等を展示、メンバーのサイン入りセットリストやミストレス・ノールが二度のUKツアー(2015年秋・三都市5公演/2016年秋・二都市3公演)で撮影してきた写真も出品します。

また、漫画家の鳩山郁子先生とカリグラファの佐分利史子氏に作品制作を依頼、お二人の手による“音楽の表現”を特別展示としてお披露目します。

彼らの音楽をきっかけに、音楽やアートの世界を共有できましたら嬉しいです。

お誘い合せの上、お気軽に遊びにいらして下さい。

 

[参加作家~FANS

H&H(グッズ)

カネコサヤカ(イラスト)

須川まきこ(イラスト)

中村キク(イラスト)

日香里(絵画)

fumi(イラスト)

へにし(イラスト)

HOLON(グラフィックアート)

ミストレス・ノール(コラージュ・写真)

ルカ(イラスト)

 

[特別展示]

鳩山郁子(イラスト)

佐分利史子(カリグラフィ)

 

*ファンアート作品は全て非売品です。

 

霧とリボン企画展

シェイクスピア没後400年記念

《英国文学十四行詩集 vol.2》

 

英国文学を題材に、ひとりの作家を詩の一行に見立て、

十四人で一篇の十四行詩(ソネット)を奏でる美術展の第二弾。

没後400年を迎えたシェイクスピアの記念企画展を開催します。

今なお魅力を放つシェイクスピアの世界を

絵画、イラスト、オブジェ、カリグラフィ、版画、服飾作品などで表現します。

 

限定版作品集『The Sonnets』同時刊行

 

【前期展示】

シェイクスピアズ・シスターズ

2016.11/27sun.〜12/3sat.

13:30〜19:30 *最終日は17:00まで

戯曲や詩に登場する「女性」がテーマの展覧会

[参加作家]

安蘭(絵画)

黒木こずゑ(絵画)

江津匡士(絵画)

須川まきこ(イラスト)

永井健一(絵画)

日香里(絵画)

横井まい子(絵画)

 

 

【後期展示】

シェイクスピアズ・ブラザーズ

2016.12/14wed.〜20tue.

13:30〜19:30 *最終日は17:00まで

戯曲や詩に登場する「男性」がテーマの展覧会

[参加作家]

川島朗(オブジェ)

佐分利史子(カリグラフィ)

鳥居椿(絵画)

中村菜都子(ゴム版画)

massaging capsule(服飾小物)

mIRA.(服飾)

霧とリボン(アクセサリー)

 

 

【サロン・コンサート】

シェイクスピアの幕間

シェイクスピアの生きたテューダー朝と現代の英国を

書き下ろし新作チェロ独奏と朗読・歴史解説で逍遥するサロンイベントです

 

[出演]小林奈那子(チェロ演奏)/高野麻衣(朗読とお話)

 

霧とリボン アクセサリー・サード・コレクション

《オーランドーの記憶》

2016.10.9〜10.16 *13日(木)休

13:30〜19:30

 

ヴァージニア・ウルフの小説『オーランドー』へ、

オマージュを捧げるアクセサリー・コレクション展を開催します。

性と時代を越境して生き続けたオーランドー。

その先々に残された記憶をオーランドーの衣服や持ち物の断片――バッグやレース、栞など――に重ね、

モダンでユニセックスなアクセサリーに仕上げました。

ブラック、ヴァイオレット、ビリジアンを中心としたシックなカラーパレット。

英国テイストのチェック柄やカジュアルなデニム素材なども使用した、

秋冬にピッタリの新作アクセサリーが並びます。

店内には英国二十年代製蓄音機も設置、古き良き時代の音色と共に、オーランドーの世界をお楽しみ下さい。

霧とリボン・アーカイヴからの復刻アクセサリーや定番のオーガニック紅茶も展示販売いたします。

 

*アクセサリーは受注生産ではなく、即売となります。

*会期後、在庫のある商品に限り、通販対応致します。

 商品は主にツイッターにアップしております。

 HP内CONTACTよりお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

霧とリボン 企画展《菫色の実験室vol.1〜菫色×不良少年》

 

展覧会の記録はこちら

 

2016.7.9(土)~7.18(月・祝) *火休

13:30〜19:30

 

此処は、菫色の実験室

菫色について、日夜研究しています

プレパラートの上には不良少年

そこに、菫色の薬液を一滴、二滴、三滴……

果たして、どんな化学反応が起こるのでしょう?

顕微鏡の先にひろがる菫色の世界に、ようこそ

 

 

「菫色」という色彩、世界観を様々な角度から追求する展覧会の第一弾

11組の作家が描く菫色的「不良少年」が菫色の小部屋に舞い降ります

絵画、イラスト、写真、オブジェ、カリグラフィ、コラージュ、キャンドル、

服飾などで紡ぐ美術展

それぞれの実験の成果をぜひご高覧ください

 

★会期中、参加作家による「菫色の実験室研究日誌」、限定部数無料配布します

 

[参加作家]

川島 朗(オブジェ)

CANDLE STUDIO MAGIERA(キャンドル)

江津匡士(絵画)

佐分利史子(カリグラフィ)

永井健一(絵画)

林 美奈子(コラージュ)

日香里(絵画)

mIRA.(服飾)

村松 桂(写真)

霧とリボン(オーガニック紅茶)

 

[特別原画展示]

鳩山郁子

鳩山郁子イラスト集『リテレール(飛鳥新社刊・2011)』より、珠玉の原画作品4点、「結晶世界」「彼方」「テンペスト」「若きウェルテルの悩み」を展示。「結晶世界」のみ抽選制にて販売(他の作品は非売)、お申し込みは会期中、店頭にて受付。直筆イラスト・サイン入り『リテレール』も限定10部、抽選制にて販売。

 

作家紹介はこちら

 

  

☆《菫色の実験室 vol.1》DM

実験室で使用している帳票類をイメージした3種の印刷物が封入されています。

封筒にはオリジナルの印。

花園magazine×霧とリボン 共同企画展 

《Girl & Paper〜女の子はお砂糖とスパイスと素敵な“紙モノ”でできてる!》

 

展覧会の記録はこちら

 

2016.6.11(土)~6.19(日) *月休

13:30〜19:30 *最終日19日のみ〜17:00まで

 

★サロン・イベント&クロージング・パーティ

6月19日(日)18:30開場、19:00スタート

 

ガール・カルチャーを知的にキュートに発信する“花園magazine”と、ガーリーな物語をテーマに小間物を制作している“霧とリボン”が共同企画展を開催します。

 

テーマは紙版最新刊『花園magazine』vol.8とお揃いの“Girl & Paper”。

イラスト、コラージュ、ステーショナリー、蔵書票などなど、女の子が愛する“紙モノ”の世界を広く楽しくご紹介する展覧会。

 

あなただけの“とっておき”を是非みつけにいらして下さい。

“紙モノ”を語り合うサロン・イベントもどうぞお楽しみに!

 

[参加作家]

ディマンシュ(シルクスクリーンカード・蔵書票)

トシダナルホ(イラスト・コラージュ・蔵書票)

mikemori(イラスト・蔵書票)

やがわまき(イラスト・ステーショナリー・蔵書票)

花園magazine(ZINE)

ミストレス・ノール(リトルプレス・蔵書票)

霧とリボン(アクセサリー・ステーショナリー)

作家紹介はこちら

 

[オリジナル“紙モノ”映画グッズ出品]映画研究会工作部

 

 

★サロン・イベント&クロージング・パーティ

《女子と紙と応接間文化》を語らう夕べ

 

応接間とは、「西洋文化への憧れ」が集約された場所。文学全集や分厚いアルバムなど、紙モノとも深い関係にあります。そんな応接間文化について、《霧とリボン》こだわりの応接間で語らうイベントです。

 

[日時]6月19日(日)

[イベント]19:00〜21:00(開場18:30)

[クロージング・パーティ]21:00〜

[会場]霧とリボン 直営SHOP 2F

 

 *DMイラスト:やがわまき “そうぞう” 2016 

霧とリボン 直営SHOP 1周年記念

イースター企画展

《スクリプトリウム II〜音楽を記述する試み》

 

展覧会の記録はこちら

Salonette《21世紀の写字室》

Salonette《大いなる賛歌》

 

音楽の言葉(詩と楽譜)を

カリグラフィ、タイポグラフィ、

版画、刺繍で表現する美術展

 

2016.4.29(金・祝)〜5.8(日)

13:30〜19:30 *5月4日(水

 

修道院の写字室を意味する「スクリプトリウム」。

長きに渡り、修道士たちの手により聖書の言葉は壮麗に写され、残されてきました。

本展は、デジタル書体デザインを現代の写字法ととらえ、聖書の言葉を写し、纏う試みを発表したHOLONタイポグラフィ作品展《スクリプトリウム(2013年・森岡書店)》の第二弾です。

 

写字という行為をより押し広げ、「音楽の言葉(詩と楽譜)」を「カリグラフィ」と「装飾を重視したオリジナル・アルファベット書体」によって記述した作品を中心に発表します。

 

題材は、バッハやビーバーの宗教曲にはじまり、祈りの音楽を奏でるピアニスト久保田恵子と、現代を活写する中に祈りが宿る唄うたいユニット“アネモネ”の詩と楽曲。

カリグラフィ、タイポグラフィ、版画、刺繍などで紡ぐ美術展をどうぞお楽しみ下さい。

 

また、会期中、ヴァイオリニスト藤井晴雄によるサロン・コンサートも開催します。

清々しいイースターの季節、音色に染まる写字室にて皆様のお越しをお待ちしております。

 

[参加作家]

アネモネ(詩・楽譜・音源)
久保田恵子(詩・楽譜・音源)
佐分利史子(カリグラフィ)
藤井晴雄(ヴァイオリン演奏)
HOLON(タイポグラフィ・版画)
霧とリボン(刺繍・アクセサリー) 

 

  

[フライヤー作品解説(本展示出品作)]

HOLON“Passacalia”2016

「音楽を身に纏う」をコンセプトに楽譜をジュエリーに見立てたシリーズの一点。ビーバー作曲《ロザリオのソナタ集》より「パッサカリア」の楽譜の一部を作品化したものです。

教会建築の薔薇窓から着想したオリジナル・アルファベット書体「薔薇窓」を使用。ロザリオ(ネックレス)のようにデザインした五線譜に、音符に対応させた「薔薇窓」のパーツが並んでいます。「Biber」「Passacalia」の文字も「薔薇窓」で組み、宝石の煌めきのように配置。目に見えない音楽を平面作品として記述することを試みました。

 

☆オリジナル・アルファベット書体《薔薇窓》

霧とリボン 企画展

《ブドゥワール〜貴婦人の私室に眠る物語》

 

体温を留める片手袋、無造作に置かれたネックレス、

ひらかれたままの書物、書き止しの手紙の一葉……

貴婦人たちのひそやかな気配を遺す

菫色のブドゥワールにようこそ……

 

2016.2.23(火)〜2.28(日)

14:00〜20:00

会期中無休

 

[参加作家]

川島 朗(オブジェ・アクセサリー)
CANDLE STUDIO MAGIERA(キャンドル)
須川まきこ(イラスト)
鳥居 椿(絵画)
花モト・トモコ(イラスト・アクセサリー)
霧とリボン(アクセサリー)

 

展示風景はこちら

 

 

霧とリボン クリスマス企画展

《WHITE, SILVER AND NIGHT》

 2015.12.15(火)〜12.20(日)

霧とリボン クリスマス企画展

《WHITE, SILVER AND NIGHT》

 

「今年はどんな一頁を過ごしますか?」
厳かなアドベントの季節、本展では「白」「銀」「夜(黒)」の頁をご用意いたします
静謐なモノトーンのクリスマスをイメージした作品群……
大切な方への贈り物に、また、クリスマスを過ごすひとときのために
お気に入りの一頁をみつけにいらして下さい

 

2015.12.15(火)〜12.20(日)

14:00〜20:00

会期中無休

 

[参加作家]

奥 絢子(磁器)

CANDLE STUDIO MAGIERA(キャンドル)

林 美奈子(コラージュ)

日香里(絵画・アクセサリー)

霧とリボン(アクセサリー)

 

 

展示風景はこちら

直営SHOP企画展《ルール・デュ・ポエット〜ルネ・ヴィヴィアンとポール・ヴェルレーヌ》

2015.11.17(火)〜11.23(月・祝)

Kenichi Nagai “Chanson” 2015

霧とリボンオリジナル オーガニック・ハーブティ《ルール・デュ・ポエット》シリーズの発売を記念し、

ルネ・ヴィヴィアンとポール・ヴェルレーヌをテーマにした美術展を開催します。

カリグラフィ、絵画、ハーブティによって翻訳された

「詩人たちの時間(ルール・デュ・ポエット)をどうぞお楽しみ下さい。

 

[参加作家]

佐分利史子(カリグラフィ)

永井健一(絵画)

霧とリボン(ハーブティ)

 

展示風景はこちら

 

 

霧とリボンオリジナル オーガニック・ハーブティ

《ルール・デュ・ポエット》のご紹介

 

訳詩集の名作『海潮音』『珊瑚集』『月下の一群』。

長く親しむほどに、訳詩集をティ・シリーズとして編んでみたい……と夢見るようになりました。

一篇の詩を新訳、絵画、ハーブティで味わい尽くす本シリーズ、

第一弾はルネ・ヴィヴィアンとポール・ヴェルレーヌがテーマです。

箱入りセットには気鋭の訳者による新訳を封入、新進画家による描き下ろしの装画も見所です。

新しいかたちの訳詩集として、皆様の晩秋のひとときを彩ることができましたらと願います。

 

★ルネ・ヴィヴィアン「シャンソン」 *本邦初訳

[訳]中島淑恵 [装画]永井健一

薔薇をベースにラベンダーなどをブレンド、馨しいブーケの中から蒼々しさが覚めるオーガニック・ハーブティ。

★ポール・ヴェルレーヌ「小夜鳴き鳥」 *新訳
[訳]玉田優花子 [装画]永井健一

レモンバーベナをベースにリコリスやシナモンなどをブレンド、頽廃が仄匂うオーガニック・ハーブティ。

直営SHOP 8〜9月の展示会

★A Mad Tea-party☆帽子屋のティ・パーティ2015.8.31 - 9.6

『ふしぎの国のアリス』のマッド・ハッターが
夏の終わりにひらくティ・パーティ
帽子モチーフの新作アクセサリーと
お菓子に見立てたステーショナリーが
テーブルに並びます
秋色メニューをご用意して
皆様のお越しをお待ちしております

 

[MENU]

ルイス・キャロル『ふしぎの国のアリス』より、マッド・ハッターとアリスの帽子
コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ』より、ホームズとアイリーン・アドラーの帽子
シェイクスピア『ソネット集』より、ダーク・レディの帽子
エリック・サティ『グノシエンヌ』の帽子/クロード・ドビュッシー『雨の庭』の帽子 and more.....

 

展示風景はこちら

 レイナルド・アーン、クロード・ドビュッシー、ガブリエル・フォーレなど、多くの 作曲家たちにインスピレーションを与え続けてきた詩人ポール・ヴェルレーヌ。孤高のカウンターテナー、フィリップ・ジャルスキー氏も本年、ヴェルレーヌ詩 による歌曲のみを集めたアルバム《Green》を発売、クラシックからシャンソンまで、ヴェルレーヌの多彩な風景が堪能できる珠玉です。此処日本でも上田 敏、永井荷風、日夏耿之介、堀口大學らによる名訳が生まれ、今日まで愛され続けてきました。

 ちひさな文藝キャバレー《霧とリボン》vol.4では、ヴェルレーヌ詩によるフランス歌曲を中心にした蓄音機演奏に耳を寄せながら、アブサンをかたわらに、詩人の美しい頽廃の世界を逍遥したいと思います。
 そして、より美しい頽廃を求めるべく、ヴェルレーヌ研究に従事されている玉田優花子さまをお迎えし、仏蘭西語による原詩と訳詩の朗読をご披露頂きます。アブサンのGreenを震わす、囁きのごとき言の葉がしずやかに小部屋を満たすことでしょう。

 上田敏『海潮音』(S58復刻版)、永井荷風『珊瑚集』(S13普及版・第一書房刊・限定1000部)、堀口大學『月下の一群』(S55復刻版)などの訳詩集も展示します。時代を経て届けられた頁をめくるひとときもどうぞお楽しみ下さいませ。

 ドレスコードは「頽廃」。頽廃にとことん浸りきる午後といたしましょう。

[頽廃のメニュー]
アブサン(仏蘭西産アブサン・ラ・シャルロット)/霧とリボンのオーガニック紅茶(おかわり自由)/ゼリー/焼き菓子/マカロン他

 

[蓄音機演奏曲(一部)]
「いみじき時」 ヴェルレーヌ詩/アーン作曲(ソプラノ:ニノン・ヴァラン/ピアノ:レイナルド・アーン)
「巷に雨の降るごとく」 ヴェルレーヌ詩/ドビュッシー作曲(メゾ・ソプラノ:クレール・クロザワ/ピアノ:フランシス・プーランク)
「忍び音に」 ヴェルレーヌ詩/アーン作曲(ソプラノ:マギー・テイト/ピアノ:ジェラルド・ムーア)
「月の光」 ヴェルレーヌ詩/ドビュッシー作曲(ソプラノ:マギー・テイト/ピアノ:アルフレッド・コルトー)
「夜想曲」 プーランク作曲(ピアノ:フランシス・プーランク)
「神秘的なバリケード」 クープラン作曲(ピアノ:モニク・アース)etc.....


[蓄音機について]
霧とリボン所蔵の蓄音機は英国20年代製、ヘンリー・シーモア社の特注品です。スピーカー部には絹糸のタッセル、ターンテーブルは絹地に雲模様が染め抜かれ、サウンドボックスには鳥の絵画など、持ち主のシノワズリー趣味が随所に。音色と併せてご堪能下さいませ。

“アブサン・ラ・シャルロット”について]
仏蘭西の老舗のメーカーによって19世紀当時のレシピで生産された、ワームウッド(ニガヨモギ)が主原料のリアルアブサン(砂糖、人工保存料、人工着色料等の化学物質無添加)。

☆玉田優花子 プロフィール
東北大学大学院文学研究科修士1年、フランス語学・フランス文学専攻分野。フランス・リヨンに約1年間留学の後、ヴェルレーヌを研究している。
「東 北女子学生コミュニティepi」に所属し、ショーモデル、被写体モデル等、美をめぐる活動をする。epi発行のフリーペーパー『Bealthy』にはフォ トエッセイ「意地悪なルーペ」を連載中。仙台のカフェ「Hampstead Tea Room」にもエッセイを設置中。当カフェにて、2014年には「小さなサロン・コンサート」を開催し、フランス19世紀の詩を朗読。
ドレスの裾の膨らみのごとく、優雅で豊かでお幸せなものを愛する。好きな言葉は「たわわ」。

 

当日の様子はこちら

直営SHOP 6月の展示会

★ 指 輪 標 本 室 ★ 2015.6.21 sun. - 6.28 sun.

妖精たちが舞うミッドサマー
指輪標本室の扉がひらきます
扉の奥には物語から採集した

約70点の指輪〜Middle Finger Brooches
お気に入りの一点を貴方の標本箱に……

[物語目録]
ウィリアム・シェイクスピア『夏の夜の夢』
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ『林檎の谷』
ロード・ダンセイニ『女王の涙をもとめて』
フランシス・ホジソン・バーネット『秘密の花園』
コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ』
ルイス・キャロル『ふしぎの国のアリス』
L・M・モンゴメリ『赤毛のアン』
and more.....

 

展示風景はこちら

直営SHOPオープン記念展示会

Accessory 2nd Collection 2014-2015 2015.4.27〜5.10

 

展示風景はこちら

Art Direction, Design and Styling: Mistress Noohl / Photography: Kentaro Shibuya

Hair and Make-up: Miharu Ninomiya / Model: Bilitis

Accessory 1st Collection 2013

Art Direction, Design and Styling: Mistress Noohl / Photography: Kentaro Shibuya

Hair and Make-up: Miharu Ninomiya / Model: Bilitis

 

★開催中★

 13:30〜19:30

 

霧とリボン企画展 

架空の香水博覧会 vol.1

夜へのオード

 

[前期・美術と音楽展]

初日のみ、整理券を配布します 

2018.9.23〜9.29

9/26(水)休

13:30〜19:30

最終日のみ〜18:00

 

[後期・モード展] 

2018.10.7〜10.13

10/10(水)休

13:30〜19:30 

最終日のみ〜18:00